フィクサー

フィクサー

種族・性別・特徴

レンタル衣装の黒スーツを着ているところがよく見かけられる

ジャンル


キャラ概要

ドラクエ10ニコニコ生主の中で最も恐れられている生主。
某芸能事務所の社長。
自分のニコ生チャンネルで会社名を明記しており、また会社のHPには本名も明記してある。
また、ブログ内やツイッターでは自分のリアルネタについても触れることが多いため、恐らく本当の社長であると思われる。

ブログ「ココガイマーブログ><。」も執筆しているが、内容はニコ生関連の事がほとんど。
ちなみに、ブログタイトルのココガイマーとはフィクサーがリードボーカルを務めるバンド「Little Cabinet」の曲「Fixer」の冒頭の歌詞。
末尾の「><。」はフィクサーの仲間がよく使うお決まりの文句のようなもの。

ブログの丁寧で簡潔な文体とはうってかわって、ニコ生でのしゃべり方は近所の神社のお祭の屋台によくいるガラの悪いテキ屋のようなダミ声で、それほど過激ではないが暴言も飛び出すこともある。
しかし、トークのテンポも良く、ニートと噂されている他の生主たちよりも語彙もそこそこ豊富。

公式からニコ生が公認となる前から放送を行っている古株。
莫大なゴールドを所持しており、ダイス賭博、コロシアム賭博、強ボスタイムアタック賭博など様々なギャンブルを行う放送が多い。
放送では滅多に見られないくらいの大金を賭けた羽振りの良いイベントを行っているため、ドラクエ10のニコ生が好きな人たちの間では知らないものはいない。

また、その人気やゴールドのおこぼれにあやかろうとしているフィクサーの子分となった生主が多く、ニコ生主界の中では一大勢力を築いている。
フィクサーはそのような子分(仲間?)のことを「ぶらざー」と呼んでおり、フィクサー関係者はぶらざーという言葉をよく使う。

アンチからは「こいつリアルで社長だし金持ちだろうからきっとRMTしてるぜ」と噂されている。
しかし、フィクサーがブログで賭博イベントで参加費を徴収しておりゴールドはそれで稼いでいるものなのでRMTはしていないと断言。
また、賭博での儲けや負けの具体的な金額、また、総合してどれくらい稼いでいたかも具体的な数字も挙げていた。

フィクサーのイベントは出演者も多額のゴールドが必要とされる。
例えばコロシアム、ボスタイムアタック等は理論値やレアなパルプンテ錬金がついた高額な装備がないとハイレベルな戦いについていけない。
このため、フィクサーのイベントの参加者の中にはギャンブルに負けて破産してしまうものや、RMTに手を出してしまい運営からBANされてしまった者もいる。

このフィクサーの関係者は悪名高いプレイヤーが何人かいる。
例えば、公式のコロシアム大会バトルグランプリ第6回のチャンピョンのエルプーだが、彼女は何人かのプレイヤーから総額5000万Gの借金をし大会に優勝し、借金の返済に困っていたところにフィクサーがエルプーに5000万Gを与え、フィクサーのコロシアムイベントに出演することとなった。
(それ以来、エルプーはフィクサーのイベントの常連となる。)

また、チーター問題で有名になったスイゲツもフィクサーのギャンプルイベントに参加している。

このように規約違反ギリギリの行為を繰り返し、莫大なゴールドを動かしているため、巷では「ドラクエ界のヤクザ」とも呼ばれている。
フィクサー自身も自宅の住所を「ヤクザ王丁目」と呼称しており、ヤクザと呼ばれることにはまんざらでもないようだ。

危険度

★★★★★

最も関わってはいけないプレイヤー。
前述したとおり、動画に出演するためには多額のゴールドが必要であり、このために破滅するものもいる。
囲いや子分も多くいるため、名指しで誹謗中傷しようものなら確実に取り巻きからの嫌がらせを受けるだろう。
コロシアム好きな者はもともと攻撃的な発言をする傾向にあるが、さらにこれにフォクサー関係者となると特にたちの悪い。
まさにヤクザの親分とチンピラのような集団なので、善良な一般市民は関わらない方が身のためだ。


事件

DQXTVのコロシアム大会でフィクサーの子分が暴言

GMが回収したゴールドを返却しGMが「恐縮です」発言


  • 最終更新:2015-12-21 09:25:40

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード